技 Technique

新宿合気道同好会にようこそ!
この稽古雑感ブログは、粋でいなせな江戸っ子のQPセンパイと、のんびりやの小梅がお送りします。

今回のテーマは「技(わざ)」についてです。
技を掛けるには、受けの攻めを『捌く』必要があり、受けの攻め方や技の左右表裏によって捌き方は違います。

「さばく?」

相手の攻撃を受け流すために体を移動し、自分に有利な体勢や位置を取ることかな。

ふーむ。武道用語だね。

言葉で表すのは難しいよ。合気道では入り身・転換・転身・転回といった基本動作があるよ。

表裏も合気道用語だよね。

合気道には「表技」と「裏技」がある。表技では受けの前方に入身し受けを捌くが、裏技では入身後に転換の動作が加わり、丸い動きで受けを捌く。詳しくは稽古でね!

転換

 

道場(同好会も含む)によっては複数人の指導者がいます。異なるタイプの同一技を見る事が
できるメリットがありますが、初心者は混乱します。
私が初心者の時、師範によって「捌き方」が違うことで、ただでさえ覚えられない技が更に難しく感じました。
手こずった捌き方の違いが、稽古を続けるうちに個性と感じられることも合気道の魅力の1つだと思います。

QPセンパイは数年前からS師範(本部道場指導部師範)に教わっているんだよね。

そうなんだ。S師範に出会った時は衝撃を受けたなあ。

S師範の魅力についてはまた語りますね〜。

ではまた、近いうちに!

ランキング参加しています。クリックして応援してくれると嬉しいです!

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古(教室・業者)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
合気道ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です