受けは攻め続けること

合気道の稽古は『取り:技をかける』『受け:技を受ける』でおこなう形稽古です。受けは取りに抵抗せず技を受けます。

抵抗はしないとはいえ

受けでやられっぱなしになっていませんか?

降参のポーズ

 取りの技の邪魔になっては形稽古になりませんが、攻める気のない相手との稽古は難しいものです。

合気道の受けは、抵抗・逆襲はしませんが攻める気持ちで体の動きを意識することが必要です。
 逆襲しようと思うなら崩されっぱなしにならず常に相手より優位になり続けようとするでしょうし、攻めることが可能な体勢をつくり続けるはずです。
 取りの技の邪魔や抵抗を感じさせずに取りとの接点を大切にした受けを取り続けることで感覚が磨かれるとともにしっかりとした体をつくることができるでしょう。

接点を大切にするってどういうこと?

取りとの接点を途切らさないこと!

居着くことなく足を動かして取りの動きについて行けているかとか、
接点から相手の動きを感じられているかとか、そういうことかしら?

そうだね、接点を大切にするためにどうしたらいいか?
稽古の中で何が必要かを自分で考えてみてね。

はーい、QPセンパイ!

ではまた、近いうちに!

ランキング参加しています。クリックして応援してくれると嬉しいです!

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古(教室・業者)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
合気道ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

身だしなみ