形稽古の『受け』にも形がある

こんにちは。新宿合気道同好会のブログにようこそ!

早くも花粉症で、ティッシュを鼻に詰めてます。。。

今日は立春、暦の上ではもう春ですね。
さて本日は形稽古の『受け』について感じたことです。

合気道は取り受け交互に形稽古で行われるが、それがヤラセの様に語られることがある。

「形にはまる」という言葉があるように、形は応用がきかない無個性な物というマイナスイメージがあるからだろうか?
それともこれもよく言われることだが、受けが自身で投げられているように見えるからだろうか?

三段に昇段した後、緊張感なく漫然と日々稽古を行っていた。
(その当時は一生懸命やっていたつもりが、今考えるとそのように思う。)
そんなある日、師範に受けの動き方(体の使い方)の指導を受け、『受け』にも『形』がある事を教わった。
しかし、これではまるで時代劇の切られ役であるかのごとくであり、驚きと受け入れ難い思いを感じ、がっかりしたことを思い出す。

福本清三 

ちょっと脱線♫
写真の斬られ役は福本清三さん。50年以上に渡り、時代劇・現代劇を問わず「斬られ役・殺され役」を演じてきたことから、「5万回斬られた男」の異名を持つ。トム・クルーズ主演のラストサムライにも出演した。

だがそれは、今思うと余の未熟さに恥ずかしいことだが、合気道を勘違いしたまま稽古を続けていたということだろう。

形稽古で形をしっかりと身に付けることではじめて、高度な応用や個性の発揮が可能になると思うが、それは技を磨く『取り』だけではなく『受け』もまた同じではないだろうか。
『取り』の技を受けた結果ではなく、意図的に『受け』を取ることでお互いを高めあえる稽古を行うことができる。

新宿合気道同好会では過去の反省を生かした稽古を行っていきたいと思う。

受け手の『受け』の技術が『取り』の上達に役立つのね。新宿合気道同好会では、お互いが良い稽古相手になれるよう『受け』を重視して稽古しているよ。これまでの『受け』についての以下の2つの記事も参照してね。

コロナ下ではありますが、中身の濃い稽古をしております。ご興味を持たれた方は見学にいらしてくださいね。見学のお申し込みはこちらまたは080-7698-4702(当会専用電話番号)までお電話ください。

ランキング参加しています。クリックして応援してくれると嬉しいです!

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古(教室・業者)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
合気道ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です